マイクを口に近づけ過ぎない


歌を歌うとき、カラオケなどでマイクを使うと思います。マイクの使い方次第でだいぶ歌の聴き方が変わってくることを知っていますか?

マイクを変な持ち方をするとハウリングという現象が起きます。(学校などで先生が話すときキーンと鳴っていました。あれのことです。)なるべくマイクの頭を持たずに先のほうを持ちましょう。
そして、マイクを向ける角度についても意識してみたほうがいいでしょう。声の入りやすい角度というのがあります。

いざ歌を歌う場合、マイクと口を近づけすぎないようにしましょう。あまり離れすぎると声を拾ってくれないのですが、近すぎるとパ行の発音をするとき出る「ポップノイズ」という音を拾いやすくなってしまいます。そして、あまり考えたくないですが、マイクのヘッドケースが清潔とは限らないので、口が当たらないように注意しましょう。
悪い例としては、よく店内アナウンスでマイクに口を近づけ過ぎて何を話しているかわからない放送を聞きます。

人間の声は色んな周波数が混ざってできているそうで、口を近づけすぎて話してしまうと声としては成り立っていないため、言葉がきちんと伝わってこないのです。マイクを離して声が小さいようならば、音量調整をしたほうがいいです。
持ち方と角度、そして口を近づけすぎないようにすれば、だいぶ歌声の響き方などが変わってくると思います。

カテゴリー: ボイストレーニングに関する知識 パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります