しゃくりのボイストレーニング方法


カラオケなどに行って採点ゲームなどをやっていると、ビブラートやしゃくりって表示されたことはありませんか?
テレビなどで芸能人が採点で競っている時も、ビブラートやしゃくりの有る無しで採点がかなり変わっていたのを見たことがあります。

そもそも、しゃくりとはなんなのか?半音下の音程を出して、すぐに本来の音程に戻す歌い方のことを言います。
ちゃんとした感情表現の一つで、立派なテクニックの一つなんです。

でも、それが癖や出しすぎてしまうと、下手に聞こえてしまうことがあるので注意が必要。ポップな曲よりも、演歌に多用されることが多いそうです。
しかし、歌い方一つ変えるだけで歌のレベルが上がることは間違いないです。プロの人も使っている技術なので、習得して損はないです。

しゃくりのボイストレーニング方法ですが、歌うときに息継ぎをしないで低い音から高い音に移行させます。
はじめは、プロの人の曲で真似できそうなものを聞きながら真似してみるのもいいと思います。音をイメージするのも大事です。
慣れないうちは、語尾なら真似しやすいので、そこから練習してみるといいでしょう。

カテゴリー: ボイストレーニングについて パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります