ミックスボイスとは


 前の記事で、ミックスボイス(ミドルボイス)とは、地声(チェストボイス)と高音(ヘッドボイス)の中間である、という説明をしました。
高さとしてはそのイメージでも間違いではないのですが、厳密には裏声の変形に当たります。

 発声にはいくつかの方法がありますが、ミドルボイスをだすためには、まず「裏声を出し声帯を閉鎖する」ということができなければなりません。

そして「声帯を閉鎖したままの度を開く」ことで、ミドルボイスをだせるようになります。
声帯を閉じると言われても何のことかすぐにはわからないと思いますが、人が声を発するときは喉の筋肉を調整し声帯を動貸しています。その声帯に息が通ることで、声が発せられるのです。
 

意識して声帯を閉じることが、ミドルボイス習得のための必須条件となります。それができるようになったら、声帯を閉じつつ喉を開く練習へと移り、ミドルボイスの完成となります。ひたすら感覚を掴むために修練を積む必要があります。

カテゴリー: ボイストレーニングに関する知識 パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります